モラハラ、自己愛性人格障害の彼氏と知らずに同棲していた1年半

暴言、無視、冷たい目で心が壊れる前に。あなたは一人では決してない、愛される価値のある大事な人です。

モラハラ、自己愛性人格障害だった元カレ

モラハラ、自己愛性人格障害だった彼氏と初めて会う

投稿日:

約束の日。

待ち合わせ場所に着くと、店の前には誰もいなかった。

私は、もしかしてドタキャンかな?と思いながら、車の中で待っていた。

 

「あと30分待って来なかったら帰ろう」

 

そう思って、車の中から外を眺めていた。

次々来る車からは、家族連れなどで全く来る気配が無かった。

 

「そろそろ帰ろうかな。。」

 

そう思った時に、ずっと店の前に停まっていた車から一人の男性が降りてきた。

 

車に近づいてきて、窓をノックしてきた。

私は窓を下げ彼の顔を見た。異様な目の力強さ、その時少し怖いとも思っていた。

 

「いま来たところで、ごめんね。お店に入ろうか。」

 

その時の言葉から、彼の嘘が始まっていた。

私が到着していた時には、すでに店の前に一台の車が停まっていたのだ。

それが彼の車。

最初から嘘をつかれていたのに、私はその事でも不信感を覚えていたのに。

何故かその事について深く考えようとはしなかった。

 

店内に入り、静かに席に座った。

明るい部屋で彼の顔を見た時も、目が少し怖かった。

服装は時代錯誤な感じがして、一昔流行ったネックレスを付けていた。

 

「早く食べて帰ろう」

 

そう思っていた。

彼は、自分の経歴や仕事の事を永延と話し、私は何故か聞き入っていた。

それが今考えれば、全くの嘘話だったのかもしれない。

 

閉店時間になり、違う場所へ移動した。

その場所には彼の自慢する物が沢山あり、疑っていた心が本当なんだ。

と、信じてしまう自分がいた。

 

きっとそれは、彼の手口だったのだろう。

何人の女性を、その手口で騙してきたのか。。

でも、その時は信じてしまっていた。

 

その場所でも、2時間ほど彼の話を聞き入り、彼から告白されて付き合う事になった。

そして彼が私に近づき、抱きしめてきてキスをした。

それから、場所を変えて彼と一晩過ごしたが、その時は体の関係は拒絶して眠りについた。

 

-モラハラ、自己愛性人格障害だった元カレ
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

モラハラ、自己愛性人格障害だった彼氏とのはじまり

私が出会ったモラハラ、自己愛性人格障害の元カレ。 出会いはSNSで知り合った。 More from my siteモラハラ、自己愛性人格障害だった彼氏と初めて会うモラハラ、自己愛性人格障害だった彼氏が …